YAMATOを知る

HOMEYAMATOを知るYAMATOの技術と製品

YAMATOの技術と製品

ヤマトスチール(株)

製鋼部門
高度な電炉技術により、環境保全にも貢献。

鉄スクラップを電気炉で溶解し、高品質なリサイクル鋼へと精錬。限りある資源の有効活用を通じてエコロジーにも貢献する技術です。省エネ技術を駆使した新世代の製鋼技術も導入しています。

圧延部門
高品質・高効率を実現する独自の圧延技術。

製鋼部門で製造された材料を圧延加工し、H形鋼、I形鋼、溝形鋼などの鋼材製品を完成させます。特にYAMATOは通常の製法よりも生産効率の高い独自技術を持っており、H形鋼は主にビルや施設、住宅の建築には欠かせない建築資材として使用されております。また、道路や橋などの建設現場を安全にカバーする「覆工板」の市場に進出するなど、新たな製品開発にも積極的に取り組んでいます。

鋳鋼部門
複雑な鋼鉄パーツを鋳造する国内有数の工場。

鉄鋼部門で製造された材料を「型」に流し込み、まるでオブジェのような複雑な構造と、強靭さを持った製品を作り出します。重さ最大100トンという巨大な製品を作ることも可能であり、ここまでの鋳鋼設備を備えた工場は国内でも希少です。特に船舶の船尾部分のオーダーメイド製作を得意とし、重工部門との連動によって、国内外の大手・中堅造船所に納入しています。

重工部門
大規模かつ希少な加工機と、職人技が集結

鋳鋼部門で製造された大型鋳鋼品、鉄鋼部門で製造された鋼板の機械加工を行う部門です。厚さ110ミリもの鉄板を曲げ加工するプレス機や、高さ8メートルの部材を削り加工する加工機などを駆使し、船舶の船尾部をはじめとした巨大な製品を完成させていきます。このような大型製品の鋳造から機械加工までを一貫して行える国内メーカーは数少なく、その技術力の高さが大きな強みとなっています。

大和軌道製造(株)

軌道用品部門
鉄道の「高速・安全・快適」に貢献する軌道用品一貫メーカー

分岐器は、レールを交差させ、電車の進行方向を切り替える部分に設置される制御装置。電車が走る方向を変えるために、"ハンドル"の役割を果たしています。 鉄道の安全に直結する製品だけに、顧客からの信頼を得られる高品質な製品作りが求められます。大和軌道製造は、レールの加工から、分岐器を構成する多種多様な部品の製造、工場内での仮組立までを自社でトータルに手がける軌道用品の一貫メーカーです。また、ヤマトスチールで製造した圧延素材から、タイプレートや、脱線防止用ガード材等を生産しています。顧客は、JR各社、私鉄交通局等、日本全国に広がっており、海外市場へも積極的に販路を見出しています。

このページの先頭へ

このページの先頭へ