YAMATOで働く

HOMEYAMATOで働くエンジニア:岡本 啓

先輩インタビュー

エンジニア

岡本 啓
岡本 啓Kei Okamoto
  • 大和軌道製造株式会社 技術部 開発課
  • 2014年入社
  • 工学部機械工学科卒

望んだ仕事につき先輩方に支えられ成長とやりがいを実感

自ら手がけた製品が社会に役立つ喜びを感じたい。

幼い頃からものづくりが好きで、就職するにあたっても製品の開発設計から作り上げるまでに携わりたいという強い気持ちがありました。大和工業グループの中でも、大和軌道製造では、製品の開発、製造、販売までを一貫して行っており自分が手がけた製品が世の中に出回るまでを見届けられるという点に魅力を感じました。また、大和軌道製造が扱う鉄道軌道用品は、鉄道の安全を支える製品であるだけに、人の命を預かる責任とやりがいを持って仕事に取り組めるだろうという思いで、大和工業グループに入社を決めました。

目標に社内一丸となり取り組むやりがい。

岡本 啓 入社後は、思い叶って希望通りの配属となり、大和軌道製造の技術部開発課で、軌道に付随する新製品や新構造の開発や設計を行っています。既存製品の改良形を課内や客先と共同で試験を重ね、実用化を目指しています。試験をするにあたっては準備事項も多く、架台の設計や、必要な部品等の購入、組立等があり、課内のメンバーと協力して行っています。

これまで手がけた仕事の中で印象深かったのは、レールを支えるまくらぎを既存のものから、PCまくらぎという寿命延伸効果や保守費用の低減効果のあるコンクリート製のものに変更したいという客先からの要望があり、客先の仕様にあった図面を新たに設計し、敷設するまでを見届けた事です。当初は知識がない状態で何をすればよいかも分からなかったのですが、資料の確認方法等から先輩に細やかに教えてもらい、図面を作り上げる事ができました。この経験で、一つの目標に対し社内の先輩方と一致団結し、課題を解決していく喜びを感じました。仕事は決して一人でするものではなく、会社には様々な分野のエキスパートがいて知恵を持っています。営業、製造、開発等の諸部門が同じオフィス内にあり一体感ある会社であるがゆえに、常に部署内外の先輩方から学び助言頂けることが、非常に恵まれた環境であると感じています。

今は目の前の仕事を確実にこなす事が目標ですが、今後はさらに知識や経験を積み仕事を楽しいと感じられる瞬間を増やしていきたいです。「仕事が楽しい」、そういう人が会社に増える事で、活気のある職場になりますし、ベテランも若手も融合し組織の力を高められると思います。

学生時代までの経験が今の仕事に活きている。

岡本 啓 職場では、効率よく仕事をするために自分で考えて動ける事が大切ですが、私は人のやり方を見て盗んで使える事も重要だと考えています。大学時代の研究で教授が使った手法、サークル活動でロボット製作をしたときの友人のアイデア、父親が日曜大工の時にしていた固定方法のちょっとした技等、仕事で行き詰まりそうになったときに、昔を思い返すとヒントになり、自分自身が観察眼を持って過ごしていたことで、学業も遊びもどんな経験も仕事に活かせています。学生の皆さんには、嫌な事から逃げずに隔たりなくいろんな分野の経験を積んでおくことをお勧めしたいです。それが、社会人になってからの考える力やひらめきとなり仕事をうまく進めていくことに繫がると、実体験を持って感じているからです。

このページの先頭へ

このページの先頭へ