YAMATOで働く

HOMEYAMATOで働くエンジニア:岡本 啓

先輩インタビュー

エンジニア

藤堂 直人
藤堂 直人Naoto Toudo
  • ヤマトスチール株式会社 製鋼部 製鋼課
  • 2014年入社
  • 工学部機能材料工学科卒

どこでも通用する対応力を。謙虚な気持ちで技術を吸収。

少数精鋭だからこそのやりがいと責任感。

「働く中で常に成長し続ける」それが私の志です。大学生の頃、研究室のOBを通じて、大和工業では手を上げる者には若手であっても海外赴任のチャンスがあることを知りました。海外で仕事をすると違った視点でものを見ることができ、自分をさらに練磨できるのではと考えました。
現在はヤマトスチールの製鋼部でLF(取鍋精錬炉)を担当しています。前工程の電気炉で、鉄は酸素や炭素といった不純物が除かれた鋼へと変わります。ヤマトスチールの主な製品として形鋼がありますが、ひと口に形鋼と言っても種類は多様で、建物の基礎として使われるH形鋼もあれば河川の護岸に使われる鋼矢板等様々です。それぞれに適した鋼の材質があり、LFでは副資材を加えることでその成分調整を行っています。

主な仕事に設備の保守・導入があります。長年の負荷が原因で生じた小さな補修から生産性向上のための大規模な更新まで、設備関連の業務は多岐にわたります。その業務を遂行する上で重要となってくるのがスケジュールの管理です。入社2年目にはメインで1つの設備工事を担当させてもらいました。半年かけて1,500万円の設備を導入するという大きな工事です。工事中は生産がストップするので、受注に応じた製品数量を確保するために事前に営業部との受注予測の共有が必要です。また、別部門での工事とバッティングしてしまうと工事自体ができなくなるので他課との連携や事前の確認が欠かせません。他課との度重なる折衝を繰り返しながら、自ら組んだスケジュールどおりに工事が完了しその設備で製品が作り上げられていく光景を目の当たりにすると、自身がヤマトスチールの一員として、製品を世に送り出す一部を担い、社会の基盤を作り出しているという誇りや仕事に対するやりがいを感じます。

現場の声を大事にして、一体感をもって働く。

藤堂 直人 仕事をするにあたって特に心がけていることがあります。それは現場の声を聞くこと。モノづくりに直接携わり、設備の操作をするのは現場のオペレーターであって、彼らがいなければ製品は作り出せません。そのため毎日数分でも、自分の担当部署を中心にオペレーターの方々と会話することを意識しています。オペレーターからの急な要望に対応できるように、かつ現場のことをもっと知るために、日々現場に足を運ぶようにしています。ヤマトスチールの特長のひとつとして客先からの突発的な需要にも随時臨機応変に対応できる点があると思うのですが、それも現場の対応力があってこそだと実感しています。

海外出張でさらに高まった海外への意欲。その日に向けて準備中。

入社2年目には大和工業グループの各海外事業所のエンジニアが一堂に会し、それぞれ新製品、設備導入やコスト低減のための取り組み等を発表する技術会議に参加するためアメリカに出張した際、現地の工場を見学しました。アメリカでは電気料金が安く、製鉄においても電気炉がメインとなっているところが日本とは違います。出張を通して、その仕事の原理原則を知り、課題に対してのアプローチ法を習得する事が必要だと感じました。 大学での専攻とは異なる仕事内容が多いですが、そこができていれば、どこでも通用していくことができると思います。幸い、ヤマトスチールには海外赴任から帰ってきた優秀な先輩方が大勢います。国内のみにとどまらず、海外でも活躍できるよう、先輩方からエンジニアとしての対応力を吸収していくことが今の目標です。

このページの先頭へ

このページの先頭へ