YAMATOで働く

HOMEYAMATOで働くエンジニア:岡本 啓

先輩インタビュー

エンジニア

山下 宏平
山下 宏平Kohei Yamashita
  • ヤマトスチール株式会社 圧延部 圧延技術課
  • 2015年入社
  • 工学部機械工学科卒

夢はワールドエンジニア!鉄を介して世界の産業に貢献

仕事のすべてが適正品質の製品作りに繋がるという緊張感と責任

ワールドエンジニアになりたい。その夢をかなえることができる会社、それが大和工業グループだと感じました。産業の基盤となる鉄を扱うダイナミックな仕事であり、社会貢献性が高く「胸を張れる仕事」をできるという希望を持ち、入社を決めました。
 現在、製鋼部で製造された半製品を最終形状に導く行程である圧延部にて、圧延機の管理を担当しており、設備の中核をなすロール部の設計からプログラム設定、実操作までを幅広く手掛けています。異なるサイズの形鋼を製造するタイミングで、ロールの組み替えを現場のオペレーターの方々と一緒に行い、圧延後には使用したロールを旋盤で削り、記録を作成するなど、ロールの厚みや幅に誤差のないように、正しく管理しています。0.1ミリの誤差が操業トラブルに繋がってしまうこともあるため、仕事の一つ一つが良質な製品づくりに欠かせない事を心にとめて仕事をしています。
また、入社1年目で設備の改善業務を任せてもらいました。それは、圧延工程において非常に重要な設備であるロール旋盤のオーバーホール更新工事だったのですが、こんなに早く責任のある仕事をできるとは思いもしませんでした。改善後は、現場の方々から、「使いやすくなった」とほめて頂き、大きなやりがいと喜びを感じました。
 仕事をする上では、まずは若手らしく、「明るく元気よく」行動することを心がけています。業務時間中はもちろん、休憩中も工場の詰所等で年齢の上下関係なく会話を持ち、仕事やプライベートの話をして人間関係を作れるように努めています。会話の中で得られた情報が、自分の仕事に活きてくる事も多々あります。

夢への第一歩を前に 今この仕事に全力で挑む。

山下 宏平 入社してからは、二年目にして各国のグループ会社が集まる技術会議に参加し、設備の改善業務として任せてもらった、オーバーホールの実施について英語でプレゼンを行ないました。若手のうちからこのような経験し、大企業よりむしろ早く成長ができると日々感じています。世界各国に年齢の近い先輩方数名の海外赴任も決まり、駐在員という存在を身近に感じています。また、海外経験もある先輩も多い恵まれた環境にあり、職場全体の士気も高い事がヤマトスチールの特長です。あと数年もすれば、私自身も海外駐在員として念願のワールドエンジニアの第一歩を踏み出すことになる、と期待に心が高鳴ります。駐在員となれば、海外現地の作業員の方々から信頼されるエンジニアになるべく、今は日々の仕事にまい進し、技術力はもちろん、突発的なトラブルにも臨機応変に対応できる判断力や、指導力、提案力などの向上に努めたいです。

このページの先頭へ

このページの先頭へ